お問い合わせご予約 TEL:086-435-1800 〒710-0816 岡山県倉敷市八王寺町180-37

倉敷市の変形性関節症、慢性関節リウマチ、脊椎疾患、整形外科、リハビリテーションは、ますだ整形外科。

スポーツ障害

院長ブログ

HOME»  スポーツ障害

スポーツ障害

近年、スポーツ人口は増加傾向にあり、その種目は多種多様です。
また、スポーツレベルや経験も多様です。
整形外科は、骨、関節、筋肉、腱、神経といった、運動器と呼ばれる身体の仕組みのケガや病気を扱い、医学のなかでも最もスポーツと関係が深い分野になります。
スポーツ障害とは何度も同じ動作を繰り返すこと(使いすぎ)によって、負担が積み重なり、痛みを主とした慢性的に症状が続くものを言い、テニス肘・ゴルフ肘、下腿の疲労骨折、アキレス腱炎などがこれにあたります。当院ではスポーツ障害に対する診断・治療も行っています。
小学生から年配の方まで、あらゆるレベル・年代の選手に対して診察・治療を行い、患者さんの症状や身体に合った治療やリハビリテーションを行い、早期の復帰を目指します。

主な対象疾患

  • アキレス腱断裂
  • 膝半月板損傷
  • オスグッド病
  • テニス肘
  • 足関節靭帯損傷、膝靭帯損傷
  • 野球の投球障害肩、野球肘
  • 肉離れ など

スポーツ障害の治療法

スポーツ障害の治療法として、基本的には、「休息」「冷却」「圧迫」「挙上」にて処置を行います。関節などの場合には、矯正を行った治療を行います。
また、疾患や症状により専門医療機関と連携し手術による治療も行います。

  • 休息
    患部を包帯などで固定し安静にさせます。
  • 冷却
    患部を冷やし組織の血管を収縮させることで、腫れや炎症を抑えます。
  • 圧迫
    患部を包帯やサポーター(装具)などで圧迫することで、内出血や腫れを抑えます。
  • 挙上
    患部を心臓より高く上げることで、腫れがひくのを促して末梢(手や足)がむくむのを防ぎます。 

スポーツ障害の予防

スポーツ障害を予防するためには、ウォーミングアップやクールダウン、アイシングといったコンディショニングをしっかり行い、スポーツ特性や自分の体力にあったトレーニングを行うことです。
また、骨の成長している時期には、無理に同じ練習をせず種目やポジションを変えたりして痛みの出ている部位への負担を減らすことも重要です。

しかし、何よりも需要なのは、正しい姿勢、正しいフォームを身につけることに尽きるのです。

基礎トレ-ニングを十分行うこと。
運動の前には必ずウォーミングアップ・運動後には負担をかけた筋肉や関節のクールダウンを行いましょう。
トレーニングは科学的に行うこと。
科学的トレーニングとは、医学・運動生理学・運動力学等の知識をベースとした効果的かつ安全なトレーニングのことをいいます。敏捷性・スピード養成、筋力養成、持久力・スタミナ養成、バランス養成の4分野のトレーニングを偏ることがないよう効率よく行うことが大切です。
十分な休息
無理は禁物です!小さな無理が大きなケガにつながります
運動前後のウオーミングアップ・クールダウン
運動の前には必ずウォーミングアップ・運動後には負担をかけた筋肉や関節のクールダウンを行いましょう。
適切なレベル設定
自分の年齢、体力に合った運動種目・強度設定などを行い、オーバートレーニングは避けましょう。

この他にも普段からご自宅などでストレッチを行うことを習慣とし、身体の柔軟性を高めることも予防につながります。
そして、スポーツによる身体の不具合を感じたら、すぐに受診することもケガの予防には大切です。